刳物体験とごうち くりもの 横畠工芸

 

【戸河内刳物(とごうちくりもの)とは】
宮島細工を制作する過程で、この西中国山地の木が自然の気象風土の関係で、木工細工に適した木であることに着目し、この地方から宮島へ材木を送っていたことが始まりでした。宮島細工の職人、藤屋大助が江戸時代後期に創始したと伝えられており、大正時代初期に福田李吉が宮島から材料の供給地である戸河内町(現:山県郡安芸太田町)に移住し、その技術を伝えたものです。ノミ、鉋(かんな)、柳刀等を用いた手作りのお玉杓子は「浮上お玉」として、愛用されています。

詳 細

営業時間 10時~15時
場所 安芸太田町大字吉和郷335
体験人数 最大5人
対象年齢 18歳以上
料金 しゃくし作り¥5,000 箸作り¥3,000
注意事項 木くずが付きますので、汚れても良い服装でご参加ください。
ノミ、カンナ、などの用具一式はレンタル致します。
駐車場 4台
ホームページ 戸河内刳物 横畠工芸
お問い合わせ ☎0826-28-2063(横畠 文夫)

 Google Map