吉水園よしみずえん

吉水園は江戸時代半ばの天明元年(1781)の春、加計隅屋16代当主の佐々木八右衛門正任が、この辺りの景観と地形に着目し、山荘として建設されました。園内に生息する「モリアオガエル」は木の枝に泡沫状の巣をつくり、その中に産卵する珍しいカエルで、県の天然記念物に指定されています。産卵期の6月には吉水園の一般公開の際に見ることができます。また、11月の吉水園秋の一般公開では「江戸モミジ」と呼ばれる江戸時代からの紅葉が魅力です。

詳 細

開園日
  • 平成29年6月3・4日(土・日)・10・11日(土・日) 「吉水園春の一般公開」
  • 平成29年11月11・12日(土・日)・18・19日(土・日) 「吉水園 秋の一般公開」
入場時間 9:00-17:00
場所 広島県山県郡安芸太田町加計神田3410
お問合せ 太田川清流塾TEL 0826-22-2525
イベント 春と秋に2週の週末に一般公開されます。
料金 200円(15歳未満は無料)
注意事項 開園日以外は入場できません。
ペット同伴可(マナーを守ってお楽しみ下さい)
駐車場 なし。旧加計駅跡、現・太田川交流館かけはし前、駐車場をご利用ください。
ホームページ 名勝 吉水園
管理者 加計隅屋 TEL 0826-22-0002
アクセス
[マイカー]
戸河内ICから国道186号線を加計方面へ約15分
[マイカー]
加計スマートIC(ETC専用)から国道191号線を加計方面へ約10分  
[広島電鉄バス]
広島バスセンター発 「三段峡行き(一般道経由)」乗車、
周辺スポット ■木炭車とレトロ館
■深山峡
■温井ダム

紅葉情報はこちら【安芸太田町 紅葉スポット6選】

 Google Map